BASEテイクアウトサイト開設サポートサービス(START)

BASEテイクアウトサイト開設サポート

飲食店のビジネスモデルを今一度見直しませんか。


ほとんどの飲食店では、「店内飲食」というビジネスモデルが中心となっています。2020年以降いまだに続くこのコロナ禍に、このビジネスモデルは完全に崩壊してしまいました。そのような中で生き残りをかけて、急遽、お弁当などを店頭販売する「テイクアウト」に業務形態を変更する飲食店が増えているのが現状です。

“早くコロナが収束して、今までのように客足が戻って来て欲しい”と願いながら、今は、「テイクアウト」でこの場をしのいでいこうといったところでしょうか。もちろん、従来の「店内飲食」も収益の柱として大切ですが、この機会に「テイクアウト」にちょっと力を入れてみてはどうでしょう。

収益の柱をもう1本

このコロナ禍で、“人の流れが止まれば「店内飲食」が成り立たない”ことがよくわかりました。今後、またパンデミックが起これば同じことが繰り返され、お店は再び苦境に立たされること間違いなしです。それなら、このコロナ禍をきっかけに、お店の将来のために、「テイクアウト」を収益のもうひとつの柱に育てることに取り組むべきです。収益口を増やすということは、事業の安定化が図れるだけではありません。事業リスクを分散することにもつながることです。

“確かにそうだけど、店内飲食の営業が再開したら、そこまで手が回らない”と反論されそうですが、そこは大丈夫です。「テイクアウト」システムを導入して、お客さんに注文から決済までネット上でやってもらえばいいだけです。ネットでテイクアウト業務にかかる一連の流れを自動化すれば、お店側にも手間はかかりません。

時代はネットで注文・決済

今やコロナの影響で、激戦商品と化している飲食店の「テイクアウト商品」ですが、その「テイクアウト商品」も、“ネットで注文・決済ができる”ということが、今のネット社会、スマホ社会ではもう普通になりつつあります。

“もう、ついて行けない”なんて泣き言を言ってる場合ではありません。「テイクアウト」と「ネットで注文・決済」は、ワンセットです。“ネットが苦手”・“導入の仕方がわからない”・“一人で手続きするのに自信がない、不安”・・・。大丈夫です。そんな方は、どうぞ株式会社ダイヤルセブンまでご相談ください。弊社のBASEテイクアウトサイト開設サポートサービス『START』で、お店のテイクアウトサイトを即日開設するお手伝いを致します。開設後も1年間サポート致しますので、ご安心ください。



BASEテイクアウトサイト開設サポート
STARTの詳細サイトへ(外部リンク)


株式会社ダイヤルセブン
TEL 06-6319-8040
お問い合わせ