ブログ

テイクアウトサイトを作ろう!|収益の柱

テイクアウトサイトをつくろう!

飲食店の売り上げには、客席数・メニュー単価・客の回転が影響します。それは、飲食店の多くが、「店内飲食」というビジネスモデルが前提となっているからです。2020年初頭から蔓延し始めた新型コロナウイルスの影響で、今なお飲食店の閉店・廃業が続いています。このコロナ禍では、「店内飲食」というビジネスモデルは、いかに弱いものか痛感させられました。

「店内飲食」がダメなら、店内メニューを「お持ち帰り」してもらうことや、弁当を作って店頭に並べたりするものの、従来の売り上げを保持するには程遠い現実があります。そのような現実の中で、客足が戻り、店内が活気を呈する日を心待ちにしておられる飲食店の方は多いと思います。

でも、ちょっと待ってください。今回のコロナ禍を経験し、この「店内飲食」というビジネスモデルが、パンデミックの前では手も足も出ない、全くの無力なビジネスモデルだと思い知らされたはずです。いつ、また大きな感染の波がやってくるかも知れません。収束したところで、次にまた新種のウイルスが蔓延するかも知れません。そもそも、飲食店は、景気に左右されやすい業種でもあります。いわば、水商売です。その景気に左右される、水商売なビジネスをいかに安定させるか。そこを今回のコロナを契機に飲食店の安定経営を考えて欲しいと思います。

景気が良ければ儲かる。景気が悪ければ儲からない。そんな風任せの経営から、自分で風を起こし、自ら安定経営に向けて模索していくべきだと思います。まさしく、コロナ禍が継続する今、経営を安定化するために、次の一手を打ち出していかなければならない時期なのだと思います。

そのためには、「店内飲食」だけに頼らない「収益の柱」をまずひとつでもつくり出すことが重要です。今、どの飲食店も一斉に取り組みだした店内メニューの「テイクアウト」や「デリバリー」、中にはラーメンスープや麺をセットにするなどの半製品や、レトルトパックで商品化した「ネット通販」で活路を見い出しているお店もあります。

これらは、コロナ禍で売り上げを上げるための“一時しのぎ”として始められたものかも知れませんが、立派に売り上げに貢献する事業に発展させているお店もあります。「店内飲食」の他に2つ目、3つ目の収益の柱が完成すれば、経営が安定するだけではなく、自ずとリスクの分散にもつながります。

この2つ目、3つ目の柱は、最初は、手間がかかるわりには儲けが少ないかも知れません。毎月読める数字を稼いでくれる存在になれば、例え、儲けが少なくても最低限の維持費を賄ってくれる存在になってくれるはずです。店内飲食だけに依存するスタイルから、売り上げをいくつかの収益の柱で組立てるスタイルに変えていくべきです。

最初から儲かる商売はありません(最初、儲かる商売は急落するのも早い!)。少ない儲けでもコツコツ積み上げていけば、立派な収益の柱になります。そのために、“収益の柱をもうひとつ育てる”という意識が必要です。それが、今、コロナ禍の飲食店がやるべきことなのではないでしょうか。

そこで、注目していただきたいのが「テイクアウトサイト」の存在です。テイクアウトもネットの時代です。そうお話しすると、“機械もんに弱い”とか、“ITやネットはよくわからない”なんて言葉が返ってくるかも知れませんが、いえいえ、今は誰でも簡単にテイクアウトサイトを立ち上げることが出来るのです。テイクアウトサイトは、便利ですよ。しかも、売り上げに貢献してくれます。真剣に取り組めば、お店のもうひとつの「収益の柱」になってくれるはずです。

Murasaki.


自分でテイクアウトサイトを作ろう!初期費用0円・月々費用も0円。
BASE de TAKEOUT

関連記事

コメントは利用できません。